【知らないと困る】捻挫にライス!

  • URLをコピーしました!

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

今回は、足首を捻挫したときの、自分でできる正しい対処方法について説明いたします。

捻挫は、関節をつなぎとめておくための「靭帯(じんたい)」という組織が伸びたり、少し破れたりするケガです。

走りまわって遊んでいるときや、サッカーやバスケットボールなどの、激しい切り返し動作の多いスポーツ中によく起こります。

捻挫をしたら、最初の処置がどれだけ適切に行わるかというだけで、後々の回復に差が出てしまうので、今回ご紹介する処置方法を、ぜひ、覚えておきましょう!

基本中の基本「RICE処置法」

捻挫をしたときは、「RICE」という方法で対処します。

これは、それぞれの処置方法の英語の頭文字を取ったもので、とても大切な処置方法です。

① Rest(休息)

まずは、怪我をした足をなるべく動かさないようにしましょう。一番は、横に寝るのが良いです。

無理に歩いたりすると、捻挫は、さらに悪化してしまうことがあります。

松葉杖を使うか、だれか近くにいれば、肩をかりるなどして移動しましょう。

② Ice(冷却)

氷や冷凍パックをタオルでくるんで、傷んだところに当てましょう。

これは、余計な腫れを防ぐために必要です。

腫れることは、回復のためには絶対に必要なカラダの反応なのですが、腫れが出すぎてしまうと、逆に邪魔者になってしまうため、注意しなければなりません。

冷やすときは、15~20分ほど当てた後、少し休憩をして、繰り返しましょう。

直接、氷や冷凍パックを肌に当てないよう注意してください。

③ Compression(圧迫)

包帯やサポーターで、足首を軽く圧迫しましょう。これは、ケガした足を安定させるためと、腫れを抑えるために行います。

タオルを使って、先ほどの氷と一緒に足首を巻いて圧迫しても大丈夫です。

ただし、きつく巻くと血流が悪くなるので注意が必要です。

④ Elevation(挙上)

ケガをした足を心臓よりも高い位置に上げて休むと、余計な腫れが出にくくなります。

横になり、座布団やクッションなどを使って、足を高くしておくと良いでしょう。

病院に行くタイミング

以下のような場合は、自分で対処するだけではなく、お医者さんに見てもらうことが大切です。

・足首がとても痛くて、全く歩けない場合

・足首が、変な形になっているように見える場合

・腫れが酷く、RICEを行ってもひく様子がない場合

炎症がやわらいだら

足首が少し良くなってきたと感じてきたら、痛みのない範囲で、少しずつ足首や足の指の運動をしていきましょう。

特に、固定などを長期間行っていると、足首の関節が固まって動かしにくくなったり、筋力が落ちて、左右の足で違いが大きくなったりして、後々、別の部位での障害を発生させるリスクが高まります。

とはいえ、無理は禁物です。痛みがぶり返すこともあるので、できるかぎり、復帰の際には専門家の意見を聞くようにしてくださいね。

おわりに

捻挫をした足首が元通りになるまでは、根気強くケアを続けることが大切です。

腫れや痛みが引いたからといって、傷んだ組織が治ったかどうかとは別問題です。

あくまでも、RICE処置は自分で行う初期の応急処置方法ですので、捻挫をしたら、早急に整形外科で診察してもらいましょう。

もし、回復や復帰のことについて困ったこと、心配なことがあれば、当院に相談してくださいね。

適切な処置を行い、早く日常生活へ復帰できるようにしましょう!

店舗情報

店舗名

おかの整体院

代表

岡野 令

住所

〒300-2635
茨城県つくば市東光台5-13-21
駐車場は店舗前に2台分あります
地図を見る

営業時間

【月~金】10:00~20:00
【土・祝】10:00~17:00
詳細はこちら

休診日

水曜日・日曜日
(その他不定休あり)

アクセス

TX線研究学園駅より車で5分/万博記念公園駅より車で10分

TEL

080-6570-4997
確実なご連絡には、LINEよりメッセージをお願いいたします。

営業時間

おかの整体院は 「 当日予約OK 完全予約制 」 です。

時間
10:00〜20:00
△=17:00まで営業
その他、事前予告なく臨時休業する場合がございます。

周辺マップ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次